ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

真壁〜罠・ワナ・わな

さて、それでは真壁の町を歩いてみることにいたしましょう。
生憎の雨模様でしたが、傘をささなくても大丈夫なくらいに回復してきました。
かえってしっとりとして良いかもしれません。
昨年は車で行ったのですが、空き地という空き地に誘導してくれて
そんなに待たずに駐車できました。
料金も一日止めて、格安だったと思います。
ただし、車を止めた場所を良く覚えておかないと
町をぐるぐる歩いているうちにわからなくなってしまいます。
ま、みなさん親切なので大丈夫でしょうけれど。
e0206372_15263772.jpg

e0206372_15265537.jpg

e0206372_1527929.jpg

真壁は石の産地でもあります。
町のあちらこちらに石屋さんが見受けられます。
「石男さん」というなんともやる気のないキャラクターがいます。
e0206372_15285172.jpg

e0206372_1529925.jpg

e0206372_15292315.jpg

町の中心地にある造り酒屋。
杉玉は新酒を知らせるものだったかな。
ここも、もちろんお雛様を飾っているのですが、琴の演奏があったり
新酒の味見をさせてくれたりのおもてなしです。
e0206372_15321523.jpg

蔵の裏手に行くと…。
写真では良くわからないかもしれませんが
この建物。水平も垂直も出てない。
ずいぶんと古いものなのでしょうね。
e0206372_15334347.jpg

e0206372_1534079.jpg

使わなくなったタンクが放置されていたり。
蔵の温度を保つためなのでしょうか。スチームヒーターが積んであったり。ふふふ。
e0206372_15351463.jpg

e0206372_15352829.jpg

e0206372_15354429.jpg

そう言えば、珍しく呑まなかったなぁ。
車で行ったせいもあるけれど、なんとなく味見もせず、お酒も買わず。すまん、すまん。
e0206372_15362058.jpg

いいでしょ。この配線と碍子。
e0206372_1536349.jpg

e0206372_15371229.jpg

まったく「危険」な場所である。人が興味を示すもの。蔵がお客さんに見せたいもの。
一切を無視して写真を撮る。すまん、すまん。
e0206372_15393953.jpg


町のそこ此処に和服姿の女の子。おねえさん。元おねえさん。
そう、みんながお雛様だったんだ。


次回は真壁の町に入る前に、とんでもないものに遭遇!
(なんだか、安物のバラエティー番組の番宣みたいだなぁ)
[PR]
by md-works | 2011-02-10 15:45 | 街を訪ねて