ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

真壁〜1万年前にタイムスリップ

さて、時系列は前後するのですが
真壁の雛祭りを見に行くべく
雨の中、国道を快調に走っておりました。

とある交差点を過ぎて、視界の右側に飛びこんできたものは…。
e0206372_17301783.jpg


たたっ、大量の埴輪!!!

急ブレーキ!!
急ハンドル!! Uターン!!

なんで? なんで? これ…何?
e0206372_1732966.jpg

しかも…でかいし。
e0206372_17323721.jpg

あのぅ…。 ごめんください。 どなたか、いらっしゃいますか?
e0206372_17332370.jpg

出迎えてくれるのは…。馬。

しばらくすると…。「ああ?何? ああ、おきゃくさん? どうぞー」

おばちゃんが迎えてくれました。
「じいさんは、生憎出かけててねぇ。クルマ?どこでも好きなとこに停めといて」
「いやー、あの…これ全部作ってるんですか?」
「そうよ、昔はね素焼きの鉢を作って東京で売ってたのよ」
e0206372_17394418.jpg

さかな?
e0206372_17401346.jpg

e0206372_17402434.jpg

わんわんである。見上げられると弱いのである。でも1万円もするのである。

2階にもあるから、好きに見てって。
e0206372_17414427.jpg

階段に…。やっとこやっとこ繰り出したぁ。
土偶の兵隊をこんなにたくさん見たのは初めてである。
e0206372_17425483.jpg

e0206372_1743874.jpg

e0206372_17432792.jpg

柵の中に家畜が
e0206372_17441458.jpg

e0206372_17435693.jpg

e0206372_17442976.jpg


e0206372_17444887.jpg

ここは1階の制作場
お茶をいただいて、お話を伺う。
e0206372_17453051.jpg

「まぁ、あんまり大きいのは売れないねぇ」 そうだろうなぁ。でも…欲しい。

今から1万年の時が過ぎて。
これを作ったじいさんも、ばあさんも、もちろん私もいなくなって
この場所もすっかり地面の下になっていて。
何かの拍子で工事をしたら、この土偶がザクザク出てくるの。
きっと大騒ぎになるだろうな。
そう言ったら、ばあさん笑ってた。

1万年後の騒ぎを楽しみにしていよう。

いま、うちには男の子と女の子の埴輪。鶏とカエルの鉢植えが住んでいる。
あああ、でっかい遮光器土偶と犬が欲しいなぁ。
今度行く時はトラックじゃないとダメだな。

恐るべし。真壁。
[PR]
by md-works | 2011-02-14 18:00 | 街を訪ねて