ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

ふらっと碧南

愛知県は知多半島へ。
名古屋や犬山方面に行くことはあれど
なかなか南の方、知多半島にはご縁がなかったのですが
ひょんなことから、行ってまいりました。
東京駅八重洲口からバスが出てるんですね。
八重洲口を出ると次の停留所は知立駅北。
なんと直通で片道4000円!!
わたしの体格と体重を考えたら宅急便よりも安いぞ。

友人のタカポンさんにいろいろと案内していただきました。
お世話になりました。
ぼちぼちとアップしてまいりますが、お散歩撮影会でどうでしょう?
往復8000円でこの風景。

e0206372_18422040.jpg


まずはミツカン酢の工場であります。

e0206372_1843510.jpg


e0206372_18432157.jpg


ミツカン酢と言えば全国区のお酢であります。
もちろん本社ビルは今風の近代的なビルなのですが
その工場。これが現役であります。
しかも一部の保存ではなく、広い構内全てがこんな造りの建物。
この運河は江戸時代から変わらずにあります。
建物の壁は焼いた杉。塩害から守る工夫なのでしょう。
中はどうなっているのかわかりません。
それなりに近代的なステンレスのタンクなどがあると思われますが、
現役で稼働している食品工場なので見せてはもらえません。

いやー、ミツカン酢。すまなかった。誤解していたよ。
てっきり化学製品だと思ってた。
ちゃんと昔から変わらずに、醸していたんだね。
この蔵も米を醸すための菌が長年暮らしてきたのかも知れません。
江戸時代から続いている財産だったのです。

はじめ、ミツカン酢の工場を見に行きましょう。と言われて
正直、良くわかっていませんでした。工場見学も面白いかな。くらいで。
着いて驚きました。街中のこの区画だけ江戸時代。しかも現役。
また、ゆっくりと訪ねてみたいものです。

つづくよ。だらだらと。
[PR]
by md-works | 2011-09-06 19:03 | 街を訪ねて