ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

ぐんまの夏3

今年のJR東日本の夏キャンペーン。群馬ディストネーションキャンペーンの目玉が
復活したC61という蒸気機関車の列車です。
客車も昔ながらの古い客車が用意されました。
冷房なんて無し。窓間にあるたよりないスイッチをポチッと押すと
ガタガタと天井の扇風機が動きだし、車内のけだるい空気をかき混ぜます。
それでも走り出せば窓からは、さわやかな風が入ります。
トンネルが無い区間を設定しているのでしょう。
昔のようにトンネルが近づくと汽笛の合図とともに
あわてて窓を閉める。なんてことはありません。

e0206372_19372250.jpg


おや、からしさんもご満悦のようで何よりでした。

車内はさすがに満席で、私たち家族3人に囲まれた鉄道ファンひとり。ちょっとかわいそうでした。
さすがに本線用の急行牽引機だけあって、迫力があります。
とっても嬉しそうにしていた子ども達。汽笛が鳴るとびっくりして、みんな泣き出します。
生まれて初めて聞いた、蒸機の汽笛。
おぢさんもね、子どもの頃は蒸気機関車が嫌いだったんだよ。
おっきくて、真っ黒で、音がすごくて、怖かったの。
大人になったら、今日のことをどんな風に覚えていることでしょう。

e0206372_1938970.jpg


友人が昔撮った写真にこんなのがありました。
写真展に出品していて、いいなぁ。と思ったものです。
ちょっとマネっこで撮りました。
インスパイアされた。ということで。
[PR]
by md-works | 2011-09-13 19:42 | 街を訪ねて