ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

8月1日、2日、3日は日本橋人形町の大観音寺の境内にて
「五穀厄払い」という行事を執り行ってまいりました。

e0206372_20351878.jpg


青竹で囲った結界の中に火鉢をおきまして

「本日はようこそお参りくださいました。
結界の正面へお参りください。
手のひらを出していただきまして、差し上げますのが五穀でございます。
この五穀を炭の上に蒔いていただきまして、パチパチという音で邪気を払います。
立ち上る煙が厄を一緒に天へと持っていって参ります。
そうすることで、この夏の健康をご祈願申し上げます。
夏を健康に乗り切れば、秋にはきっと実りがございます。
五穀豊穣でございます。
どうぞ、ご安全に。」

というのが、唱え文句であります。
外国人の方もお見えになって・・・。五穀厄払いって英語でなんて言うの?
そこまで考えてなかった。
えーい!日本に来るくらいだから日本語も分るだろう!
はい、日本語でご説明して笑顔でお送りしました。気持ちは通じたみたいです。

e0206372_20394727.jpg


e0206372_20402166.jpg


これが用意した五穀。
籾殻付きの米はなかなか入手できなくて
茨城の農家を辿って、ようやく間に合いました。
その他には麦、粟、ヒエ、白黒の胡麻。これで五穀。
胡麻ではなく色々な豆も五穀に入れることができます。

e0206372_20424984.jpg


うまくパチパチと音がするかどうか・・・。
鳥の餌まで実験してみたことは内緒です。

e0206372_20435230.jpg


厄払いをしていただいた方には、おみやげとして
五穀厄払いカードと五穀茶のティーバッグ、五穀にちなんだお煎餅を差し上げました。
五穀茶は厄払いをしていただかなくても、道行く人々に振る舞いました。

e0206372_20455078.jpg


今日も人形町の街は暮れてゆきます。
五穀厄払いの収益は大観音寺を通じて、東日本大震災で孤児になってしまった子どもたちへの
支援金として、お送りいたします。

人形町芳人1丁目町会のみなさんを始め、多くの方にお世話になりました。
普段、事務所のPCの前に座っているだけでは、経験できない色々な事。
勉強になって楽しかった3日間でした。
どうも、ありがとうございました。
みなさまも、どうぞご安全に。
[PR]
by md-works | 2011-08-05 20:59 | つれづれ