ブログトップ

ねぎまのおもちゃ箱

mdworks.exblog.jp

つれづれのこと、写真、造形作品、模型作品など

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

のろのろと漁港へと参ります。
お散歩は順調に歩いておりますが、更新がのろのろしております。

e0206372_14214919.jpg


水は柔らかなようで固いのです。

e0206372_14222734.jpg


e0206372_14224550.jpg


e0206372_1423697.jpg


e0206372_14231780.jpg


穏やかな海面を眺めていると時間が経つのを忘れてしまいます。

e0206372_14235891.jpg


e0206372_14241030.jpg


e0206372_14242459.jpg




さて、どうやら、まだまだ続きそうです。
[PR]
by md-works | 2012-01-30 14:26
さて、前回では怒濤の煉瓦最終回。そして愛しのGSへなどと予告をしたものの
いきなり寄り道です。
どこへふらふらと寄り道かと言えば、真鶴。
G規格散歩だから安心して参加したら地獄の22,200歩を経験してまいりました。

e0206372_19151942.jpg

真鶴と言えば海と空。ひなびた漁港・・・。
そんな思いを置き去りにして、いきなりガスボンベであります。
意味は無いですが、なんだかジブリのアニメに出てくるロボットが
お互いに知らんぷりしてるみたいで、食いつきました。

e0206372_1918165.jpg

バスは一日1本! いさぎよいぞ。

e0206372_19185855.jpg

e0206372_1919397.jpg

海と洗濯物とコカコーラ。そして、ちょっと素敵な建物はどうやらレストランらしい。
夏の賑わいを思い出して。

e0206372_19215393.jpg

e0206372_1922714.jpg


e0206372_19222320.jpg

そしていよいよ廃墟となった水族館へと険しい道をおりていきます。
この倒木はまだ新しい。
海風によるものなのか、その他の原因があるのか。

e0206372_19241574.jpg

e0206372_19243088.jpg

廃墟の手前には岩を掘抜いた洞窟があり、中には観音様が静かに鎮座しています。
職業として仏像を彫る職人は別として
この場所に生涯をかけて観音様を彫りつづけた人は
いったいどのような人生を歩んでこられたのでしょうね。
そんなに重いものを背負って生きてきたのでしょうか。

正直言って、この場所はあまり良い気持ちがしません。
両側を切り立った崖に囲まれていて、今にも崩落しそうです。
お願いだから、今だけは地震が起きないでほしい。
心からそう思いました。観音様がお守りくださることを祈るばかりです。

e0206372_19285779.jpg

e0206372_19291611.jpg

e0206372_19292821.jpg

e0206372_19294153.jpg

e0206372_19295590.jpg

e0206372_1930479.jpg

e0206372_19301662.jpg

崩れかけた生け簀のような構造物がありました。
そこに流れ込む海水は穏やかで美しく空を写しています。
すこし大げさですが、ポンペイやアトランティスといった
海底深く沈んでしまった都市のことを想像してしまいました。

e0206372_19323427.jpg

e0206372_19325058.jpg

e0206372_1933497.jpg

次に目指すのは突端にある三ツ石というところ。
沖に見える島は初島です。いまは全島アイランドリゾートになっているそうですが
私が子どもの頃は民宿があるばかりの島だったはず。
小学校の時に夏休みの思い出を絵に描く授業がありました。
私の隣の女の子は、家族で初島に行ったそうで、それはきれいに初島を描いていたんです。
島がきれいに描き上がるや、彼女は突然黒のクレヨンで初島を塗りツブしはじめました。
画面中央に大きく立ちはだかる黒い半円形の物体。
おそるおそる、聞いてみました。
なんとそれは初島を眺める彼女の後頭部なのだそうです。
それ以来、私は初島を見ると彼女のおかっぱアタマが目の前に現れるのです・・・。

e0206372_1940102.jpg


次回は漁港へと参ります。
[PR]
by md-works | 2012-01-15 19:45 | 街を訪ねて
さてさて、夏の写真が年をまたいでしまいました。やれやれ、のろいのう。
少し馬力をかけてまいりましょう。

怒濤の煉瓦〜半田市のカブトビール工場であります。

e0206372_1810380.jpg


塔の上、ガラスがステンドグラスになっています。

e0206372_18105389.jpg


e0206372_18112336.jpg


こちら側にも建物の続きがあったようですね。

e0206372_18113865.jpg


なにやら穴がたくさんあいているのは、配管の痕跡でしょうか。

e0206372_18115371.jpg


この崩れ具合がたまらないです。

e0206372_181248.jpg


こんなドア。トマソン物件とか言いましたね。
知ってます?トマソン。ジャイアンツの初めての外国人選手だったのですよ。


最近は文字を書いたり絵を描くことが多く、写真が少しお留守になっています。
どうも作画のモチベーションは絵と写真は両立しないらしい。
デジタル機器も気がつけばスキャナーとプリンターがなくなり
このMac note-proとカラーコピー出力機。デジカメが2台。それだけになってしまいました。
i-phoneもそのうち普通の携帯に戻そうかと思っています。
あ、SUICAも壊れたのでやめちゃった。
運賃の割引があるわけじゃなし、事故の時の振替輸送のサービスが受けられないんですよね。
切符を買えばいいだけのことで、あんまり不便ではないことに気がつきました。

プリンターは壊れたのでサービスセンターに修理にだしたのですが
部品がもう無いので、修理不能とのこと。なんだかなぁ。
じゃ、もうイイヤってんで、一生プリントしないことにした。
データを街の写真屋さんに持っていけばいいことなんですよね。
写真家が作品作りをするのと違って、
そんなにシビアなプリントをしていたわけじゃないことに
改めて気がついたのです。
そうそう、メーカーのサイトを見たら、エコの取り組みとか言って
壊れたプリンターを回収してもらうと8,000円
区の粗大ゴミに出せば300円。なんだかなぁ。なんだかなぁ。

さて、怒濤の煉瓦は次回で終結。
愛しのGSへと続きます。
(テンプターズとかタイガースとかじゃないよ)
[PR]
by md-works | 2012-01-13 18:37 | 街を訪ねて